ワークショップとは?

ワークショップとは一言でいうと「体験講座」の事です。

ワークショップは大人を対象にしたものだけでなく、子供にいろいろな新体験をさせることができるカルチャースクール的な効果もあり、日本でもとても人気があります。

子供のワークショップでは、学校の理科室で行なうにはちょっと危険な実験などをワークショップを通して体験したり、自然現象のメカニズムをワークショップで実際に体験することができたり、子供の興味や可能性を引き出したり、能力を更に伸ばすという目的で利用されることが多いようです。

すでに社会人になっている方にとっても、そういった新体験的なワークショップはいつでも楽しむことができますが、実生活に直接関係がある「問題解決の方法」「街づくり」「都市計画」などのワークショップが人気があるようです。

また、企業人を対象にしている専門分野のワークショップは、仕事のスキルや実績に直結するような技術を学ぶことができる場として、いろいろな企業からワークショップを受講する方が集まってくることが多いようです。

ワークショップはどんな場所でも行われています。

例えば博物館や美術館、科学館などでは子供を対象にしたワークショップが随時開催されていて、子供はもちろん家族で楽しむことができるようですし、コミュニティや街づくりに関するワークショップの多くは、自治体の会館や役所の一室などを借りて行なわれる事も多いようです。

規模が大きくなりビジネスに直結するワークショップは、ホテルのミーティングルームなどが会場になる事もあったり、年に一度のビジネスショーなどが行なわれる会場の一角で行なわれる事もあったりするようです。