横浜銀行カードローンのメリットとは?

若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、カードローンの貸付金利の上限は従来の20%から18%へと下がりました。
ただ、単純に喜んでもいられないようで、利息を制定した法律(利息制限法)では18%の金利までしか認められないのに、出資法ではそれを超える29.
2%以下で貸付ができるという状態でした。
「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。
でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。
この18?29.
2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。
電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。
あれは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を法律事務所を通して返金してもらうというものです。
急にお金が必要になって、借りられるところを検索したら、一括審査というシステムを見つけました。
そういう便利なものがあるのを知らなかったので、いくら自分で最適なカードローンを選んでも、審査落ちしたら別の会社を探して、そこもダメだったら別のところを探して申し込んでといった手間を重ねるのだと思って、それだけでストレスを感じていました。
利用者にとっても時短や手間解消のメリットはありますが、金融各社も競合他社と比べられるので、良い条件を出したり、審査が通りやすいなどの便宜を図ってくれそうな気がします。
繰り上げてお金を返すシステムを利用したなら、現金自動預払機からクレジットカードで借りたお金の借金する期間を短くしたり、返さなくてはならないお金の金額を大幅に減らすことが可能となります。
ただ、融資の条件により繰り上げて借金を返すことが出来ない場合やある額以上の金額でない場合は繰り上げてお金を返すことが出来ないこともあるので注意した方がいいかもしれません。

横浜銀行カードローンは即日審査できる?【最短の結果は?】