リフォームローン選びの参考は?

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。
だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?混乱してしまう事もあるかと思います。
選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。
ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申し込みさえすれば通るだろう。
という甘いものではありません。
マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
という風な単純なものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低ラインと言われています。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
住宅ローン減税を組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローン減税は最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。