カードローン審査に勤続年数は関係ある?

カードローンの審査には、勤務先や年収のほかに勤続年数も重要視されます。
勤務先は公務員や大手企業など属性が高い会社が有利ですし、年収も多いに越したことがありません。
勤続年数も長いほうが安定した勤務状態を証明しているので、重要な要因となります。
ここで気になるのは、カードローン会社の個人情報の確認方法です。
勤務先は個人信用情報を取り寄せれば記載がありますし、仮に退職していても在籍確認の電話で裏付けを取ることができます。
年収も源泉徴収票などで確認することができます。
では、勤続年数はどうでしょうか?個人信用情報にも入社年月日は記載されていませんし、在籍確認の際に「○○さんは、いつから御社にお勤めでしょうか?」と聞かれたところで、一般社員に即答は不可能です。
実は簡単に確認する方法があるのです。
会社員の人は健康保険の取得年月日を観れば一発でわかります。