デイトレードでMACDを使って利益を出す方法は?

デイトレードで重要なことは売買タイミングです。
このタイミングを見る上で利用したいのがMACDです。
このMACDのチャートには、2本の線があり、MACDとMACDシグナルの線があります。
買いのタイミングは、MACDの線がシグナル線を下から上に抜いた時で、売りのタイミングは、MACDの線がシグナルの線を上から下に抜いた時になります。
ここで重要なのが、日足のチャートを見るのではなく15分足や5分足、3分足や1分足のチャートを見ることです。
日足のチャートはスイングトレードなど週単位の売買に有効ですが、デイトレードではあまり有効ではありません。
15分足でその日のトレントを見ます。
15分足のMACDチャートが、シグナル線を下から上に抜いてきていれば、5分足や3分足などのチャートも同じ状態になった時に、買いに入ります。
売りの場合も同じです。
あらかじめ15分足の状態を調べておき、あとは5分・3分・1分などのチャートでタイミングを見て売買を行うことで、デイトレードで利益を出すことができます。