抜け毛とホルモンの関係

男性には男性ホルモンがあり、女性には女性ホルモンがあるのは当たり前のことですが、実際には女性の体内にも微量の男性ホルモンが存在しており、逆に男性の身体にも女性ホルモンはあります。

さて髪の毛に対するホルモンという点から考えた場合、女性ホルモンは髪を守る働きをします。

具体的にいうと女性ホルモンであるエストロゲンが毛乳頭細胞に働きかけて髪の成長を抑制する、つまり抜け落ちるまでの期間を長くしているのです。

これに対して男性ホルモンが髪の毛に与える影響は、まったく異なります。

男性ホルモンの典型的な存在であるテストステロンは5α-リダクターゼと呼ばれる酵素によって活性化されジヒドロテストステロンという。

毛母細部にとっては有害なホルモンに変化してしまいます。

通常、第二次性徴期を成人男性は、背が高く伸び、肩幅が広くなり、身体はしまり、贅肉が少なくなります。

また筋肉は逆につきやすくなり、いわゆる男性的な体系へと変化します。

また第二次性徴では体全体の体毛も濃くなります。

男性の場合には、ヒゲが生え、腕や足、脇の下、陰部などに太い毛が生えるようになります。

その一方で頭髪もフサフサになりますが、同時に抜け毛を促進するような男性ホルモンも作られるのです。

しかしこうした男性ホルモンの分泌は個人差が多く、深刻な抜け毛に悩む人も入れば、まったく抜け毛などとは縁のないような人もいます。

こうしたことは個人によって男性ホルモンの量や質が各々異なっているということを示しています。