返済が遅れたときは?

もしも返済が遅れた場合は、あなたなら一体どうするでしょうか。

仮に、返済のための引き落とし用口座へ入金することを忘れたとします。

クレジットカード会社によって対応が異なりますが、まず、2〜3日遅れると電話がかかってきます。

その際、いつ頃なら返済可能かどうか聞いてきますので、確実に入金できる日や手段についてやり取りを行います。

また、たいていのクレジットカード会社では引き落としを2回行っているため、2度目の引き落とし日に合わせて振込用紙が送付されてきます。

万が一、初めて返済が遅れた場合は慌てる必要はなく、所定の手続きややり取りに従うことで、全く問題なく返済することができます。

また、利息についても追加されるケースはありません。

但し、故意に返済を引き伸ばしている場合には、1日ごとに利息が追加される場合があります。

直接カード会社などの貸金業者と調整する際は、追加利息が発生するかどうかについても確認するようにして下さい。

もし3ヶ月以上遅れてしまうと、ネガ登録の対象者となるだけなく、他の貸金業者で新規申し込みができなくなります。

また、返済の遅れが3ヶ月未満の場合は、信用情報機関が保有している情報に遅れの回数などが登録されているため、他の貸金業者でも遅れの回数を知ることができるようになっています。

尚、返済遅れの回数が多いほど、新規申込みで却下される可能性が高くなるため、可能な限り期限までに返済するようにしましょう。