調理師 資格取得方法

調理師は飲食業界で持っていると一目置かれる存在になります。

調理師免許を取得しなくても飲食業に携わることができますが、公共施設での給食調理などの現場では調理師免許を取得していることが採用の条件になっていることもあります。

調理の資格を取得する方法は二つあります。

一つ目は国家試験に合格すること。

二つ目は厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業する方法です。

二つ目の方法では卒業と同時に無試験で調理師免許が交付されます。

調理師専門学校や、食物科や調理師養成科のある高等学校や短大・大学などを卒業することで調理師免許を取得することができます。

国家試験を受験する場合には受験資格が必要になります。

義務教育を修了していること、または同等以上の学力を有することとされています。

また、飲食店の営業や給食センターなどで満2年以上の実務経験が必要になります。

実務経験と言っても細かく指示があり、皿洗い中心やデザートなどの調理業務のみだったり、パート・アルバイト勤務・食品衛生法による営業許可のない飲食店での調理業務や家庭での調理経験などは含まれていません。

国家試験は各都道府県ごとに年に一度行われています。

首都圏や大阪府など政令市などを中心に年に2回試験日が設定されています。

居住地や本籍地にこだわらず受験地を選ぶことができます。

調理師の免許を取得していないと受験できないふぐ調理師や、製菓衛生師、栄養士、フードコーディネイターなどの資格も合わせて取得することで、あなたの仕事のバリエーションを広げることができます。