ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > 結婚資金と言うと挙式や披露宴など100万円単位の大

結婚資金と言うと挙式や披露宴など100万円単位の大

結婚資金と言うと挙式や披露宴など100万円単位の大金が必要になってきます。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで認められている使い道には挙式や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必要不可欠となっている点です。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることはブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから…という人もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

総量規制を知っていますか?総量規制というのは、収入の3分の1を超える融資を禁止とした規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンというのは資金用途が制限されているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合には、挙式と披露宴の費用が含まれていることで、それ以外の費用も認められます。

ブライダルローンの選び方で肝心なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンですから、返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

どうにかして100人を招待することができれば300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

その計算上では2000万円の物件を購入する場合、頭金は400万円から600万円必要となる計算になりますのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利でローンを組むことができるのです。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

金利についても大きく違いがあり、ブライダルローンは5%から7%なのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.