ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > ブライダルローンとカードローンは似て非

ブライダルローンとカードローンは似て非

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

一方で、ブライダルローンは高額融資が可能なのに対しカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローンは結婚式のために融資を受けるという大義名分はあるのですが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが式場と提携しているケースが多く、指定の式場で式をあげることが融資の条件となっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンで認められた使い道には挙式・披露宴や衣装、引き出物に関する費用や新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでぱっと用意できる金額ではありませんね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利でローンを組むことができるのです。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますので式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから一般のカードローンと比べて審査のハードルはかなり高いことを覚悟しましょう。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんがみずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので固定金利は年6.700%なので、かなり低い金利に設定されているのですが更に低金利な変動金利も選択することができます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であれば申込対象者は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上必要で、前年度の税込年収が200万円以上が対象となっています。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.