ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > ブライダルローンとカードローンはローン

ブライダルローンとカードローンはローン

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば少し無理をしてでも一括返済してしまった方が無駄に利息を支払わずに済みます。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行からローンを組む際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までと上限が決まっていることです。

ブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込に必要な書類は本人確認書類などがありブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して100人を招待することが可能であればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利は5から7%が相場なのに対し式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですがみずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であれば更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.