ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > ブライダルローンは各金融機関にて

ブライダルローンは各金融機関にて

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスの場合は、挙式と披露宴含まれていればそれ以外の費用にも利用できるとされています。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%で、更に低金利な変動金利にすることも可能です。

又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は更に年0.1%の金利引き下げとなります。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など数百万円単位の大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行費や、新居の引っ越し代・礼金敷金、家具家電の購入費用などが認められています。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使途が自由なフリーローンとなっています。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

ローンを組むに当たりキャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合も最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.