ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > 結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですから式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

オリコが提供するブライダルローンはブライダルプランというサービス名で金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長7年の期間がありオリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴を紹介すると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があるとないとでは、審査に通りやすくなる度合が変わってきます。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

その計算に基づきますと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円にもなりますからぱっと用意できる金額ではありませんね。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数100回、支払期間は8年3か月という計算になりました。

ご祝儀の収入を当てにしていても結婚式は赤字になるのが一般的で、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

ご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

すでに支払い済みだとローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので二つには大きな違いがいくつもあります。

まず、ブライダルローンというものは銀行や信販会社がサービスを提供している目的別ローンですがカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使途が自由なフリーローンとなっています。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.