ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME > ご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょ

ご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょ

ご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定してしかし、何とか頑張って100人を招待することができれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携していることが多く、指定の式場で挙式するのが融資条件となっている場合があります。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円となっていて毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンではあと200万円までしか借りられないのです。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道が自由なフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンですがカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った出費に関しては領収書や振込控えのコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合には、挙式と披露宴の費用が含まれていることで、それ以外の費用も認められます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.