ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は?

HOME

ブライダルローン申し込み時に必要な書類は?

ブライダルローン申し込み時の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に支払い済みの場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、貸付残高(ブライダルローンを含む)が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまうというシステムになっています。

オリコが提供するブライダルローンはブライダルプランというサービス名で申込資格は満20歳以上であることと、安定した収入がある人としか規定されていないので返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、オリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが資金の使途に関する制限は各種金融機関によっても異なることがありますので注意が必要です。

例えば楽天銀行だと、新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ブライダルローンの選び方で重要なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングサービスは目的別ローンではありませんので使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利での資金調達が可能となるのです。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

申込に必要な書類は本人確認書類などがありブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いのでご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

結婚式の資金は小規模でも意外とかかります

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など100万円単位の大金が必要になってきます。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式や披露宴以外にも新婚旅行や新居の購入や賃貸費用にも用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割程度用意しておくのが良いと言われています。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですので簡単に用意できる金額ではありませんよね。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利で無理のない資金調達をすることができるのです。

ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ブライダルローンの選び方で重要なことはローンの使途の範囲がどこまでなのかということです。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額のシミュレーションを行い、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書が必要になり支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

みずほ銀行にはブライダルローンというサービスの提供はありませんが最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、無担保ローンの借入残高が前年度の税込年収の50%以内でなければローンを組めません。

更に低い金利である変動金利も選択できます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、毎月の返済額は1万円からOKとなっています。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

ブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

申込には本人確認書類、収入証明書などが必要となるほか、融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンは楽天銀行などのように専門のローン提供している場合もありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますが300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

100人を招待することが可能であればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀を使って一括返済できたという人は全体の45%ほどで残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。


ラクダ
Copyright (C) 2018 ブライダルローンで審査落ち!低金利で審査に通りやすい銀行は? All Rights Reserved.